2013年01月31日

身捨つるほどの祖国はありや

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

これは寺山修司の短歌である

 向日葵や 信長の首 斬り落とす   

これは角川春樹の俳句である

 身からでましたさびゆえに

 嫌なポリ公にパクられて

 手錠をかけられ意見され

 着いたところが裁判所

 これはネリカン(練馬少年鑑別所)ブルースというよみ人知らずの歌である。つまり作者不詳。
 上記の三点はいずれも五七調、あるいは七五調のリズムで刻まれているのであるが、これらの中にある日本的詩歌の共通性もしくは普遍的かつ通俗的な暗さの根源について今さら語るつもりはないけれども、ぼくは市井の人々が書き遺してきた膨大なよみ人知らず歌に興味があるのだ。
 それらは発禁本もしくは放送禁止用語連発の本としてどこかの家のタンスの奥深くに密かに埋もれていたりする。
 人が本を作る動機はさまざまだろうと思うけれど、また人は自分だけの本、自分だけが自己満足するためにのみ何かを書き残そうとするもののようでもある。
ネリカン(練馬鑑別所)ブルースの続きは…

 たっしゃでいるかよ

 おっかさん嫁に行ったか妹よ

 呼んでみたってふるさとは

 夢でみるよりまだ遠い

 青いバスに乗せられて

 ゆらりゆられて行く先は

 その名もたかき練馬区の

 東京少年鑑別所

 

 実のところ、身捨つるほどの祖国などどこにもなくて、そこには義憤と孤独と涙に彩られた個としての人間のペーソスが流れているだけであるのだが。

 ロックだ、ジャズだ、マイケル・ジャクソンだと言いながら結局、最後には決まって美空ひばりを歌いだすカラオケでの日本的情景やいかにである。

 本を作りたいものの気持ちなんて、誰が分かると言うんだい?

『詩とは成熟した自然であり、哲学とは成熟した理性である。 』

ゲーテ 「格言と反省」

『詩は真理の全体を包含し、哲学はその部分を表現する。 』

ソロー 「日記」

 ソロソロ、詩的な、私的な作品を読みたくなってもいい頃合いだけどね。村上春樹オンリーには呆れてしまう今日この頃である。

 
posted by fujibooks.com at 08:16| Comment(0) | プラチナ通りの貸本屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: