2015年09月17日

豊かな人生セミナーのお話

 先日、ある中高年者向けのセミナーに行ってきた。豊かな人生設計をするための講座であるという。金曜の夜7時〜9時まで。このようなセミナーはあちこちで開かれていて、大体無料で受けられる。ファイナンシャルプランナー、社労士、介護士になるためのハウツーものセミナーだとか、結構ためになりそうなものも多い。
 講師の先生の話がとても面白い。先生は60歳を過ぎていて、まさか自分がこのようなセミナーの講師になって皆さんの前でこうして話しているなんてのは、5年前の自分からは想像もできなかった事だとおっしゃる。そして人生は60歳を起点に大きく変わるというのだ。
 例えば、今までの20歳から60歳までに働いて来た時間とこれから60歳から80歳まで生きたとして費やす自由な時間とを考えると面白い事が分かって来るという。どういう事かというと、20歳から60歳までの40年間に1日8時間働いた時間とこれから60歳から80歳までに1日に自由に過ごす時間を1日16時間とすると、今まで働いて来た40年間と同じボリュームの自由な時間をこれから過ごす事になるのであるという。(働いているときには休日もあるので、60歳からの20年間の自由な時間の方が長い)40年間も働いて、長いなーと思っていた時間と同じ時間を、これから何とかやりくりして過ごさねばならないという事になるのだ。それは毎日が日曜日な時間である。しかしこれは途方もなく大変な時間であり、同時に大変な事態である。毎日寝たり、ご飯を食べたりする時間を多少差し引いたとしても正味16時間もの時間をただテレビを見たりして過ごしていたら、すぐに飽きてしまって嫌になってしまうのは明白である。大変である。健康で長寿という状況もなかなか単純なものではなさそうだなと想像できる。
 そんな事に思い至ると、何かこれからは生涯をかけて取り組むものが必要になってくるのではないか、そんな時、人はどうも、もの書きに目覚めたりするものらしい。
posted by fujibooks.com at 09:30| Comment(0) | プラチナ通りの貸本屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: