2016年03月11日

手作り本ということ

 一般の消費者は、どんなものでも手作りの方がいいものだと思っている所がある。
 本作りにおいてはどうだろうか。本の中身、つまりその作品そのものは人間の脳細胞を使って想像力を働かせて生み出されるまぎれもなく手作りの世界である。その内容はともかく、人間の成せる行為における最高の手作りといえなくもない。
 ここで中身は別にして、完成した原稿を版下にして印刷機にかけたあとの本が出来るまでのハードの部分は手作りかといえば、今ではほとんどがそうではない。
 近年の印刷技術の進歩は凄まじい。オンデマンド印刷という方法を使えばパソコンのデータからいきなり製本された本になって出てくる。これは実際に見るとスゴイ!。この方法の欠点をあげるとすれば、ソフトカバーしかできない事ぐらいか(ハードカバーは従来通りの別行程仕上げとなる)。
 オンデマンド印刷とはパソコンのプリンターからのプリントだと思っていただければ間違いない。だから一冊からでも作れてしまうのである。ただしプリントしたものを、どうしてもハードカバーにしたい場合には丁合、製本などの関係から角背しかできない。一般的なハードカバーの丸背ができないのである。これはオンデマンド印刷のプリントがオフセット印刷のように面付けしてから印刷し、折り単位の製本方法ではなくペラ丁合からの製本になってしまうからである。この辺はちょっと専門的になるので、もし詳しく知りたい方がおられたらお問い合わせください。
 いずれにしても、このようにオンデマンド印刷でも微妙にできなかったりできたりするところがあって、オンデマンド印刷でやればどんな本でも作れるとも限らない。それに選べる用紙も限られている。
 100部以上で160ページ以上の場合はオフセット印刷の方がおすすめだ。
 手作りという場合、現在の本作りにおいてはハードカバーの製本作業にのみ当てはまる作業かもしれない、この部分はいまだに職人技の世界だ(但し部数が多い場合は専用の機械で自動処理している)。
 ただいえることは、文字を入力したり、校正したり、レイアウトを考えたり、色を決めたりするのは機械にはできない事である。この本作りの前行程の部分はこれからも手作りとなるだろう。そしてそこのところが本作りでもっとも重要な部分であるともいえる。
 出来上がった本に誤植があったり、全体のレイアウトがつまらなかったりすればいくら印刷代が安くても台無しになってしまう。だから少なくとも、定価を付けて売りたいと思っている場合は、編集ができる所を選ばないとクオリティの高い本を作る事はできない。いずれにしてもよく考えてから依頼する業者を選ばなければならない。
 オンデマンド印刷とは印刷代が安いのであって、それはこれからあなたが作ろうと思っている本作りの全体のほんの一部分であるという事なのだ。
 1冊〜10冊くらいあればよいという本作りの場合もある。この場合はオンデマンド印刷がおすすめである。ただご自分で本の体裁通りにパソコンなどで作る必要がある。そうしないと決して安くならない。全てのページを本の大きさの通りに作るのである。ページ数(ノンブル)も各ページに入れて、目次も作る、これは文字通りの手作りである。

                   
posted by fujibooks.com at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プラチナ通りの貸本屋